過ぎ去りし過去

2008.6.16(MON) 伊達公子優勝・外人のお客さん

7時30分起床。運動なし。

夜はど○けん夫妻と恵比寿Sへ。一度行ってみたいと言っていたのでお誘いした次第。楽しんでいただけでよかった。途中でオーストラリア人のカップルがお店に入ってきたのだけれど、全く日本語を喋れない人たちだったので通訳をしてあげつつ、仲良くなる。「東京の近くにbill'sが出来てとても人気なのよ」と言ったら、「bill'sのすぐそばに住んでいるのよ!」と言っていた。昨夜は懐石料理を食べたそうで、そのお店で「日本的な親しみ易いレストラン」をリコメンドしてもらったら、このお店になったのだとか。お店のチョイスとしては適切だと思うけれど、お店の人は誰も英語を話さないし、もちろん英語のメニューなんて無いので、もしお客さんの中に英語を話せる人いなかったら結構大変だったかも。そういうのも旅行の楽しさの一つだけどね。

その後、Mやっちの28歳お誕生日祝いということで、ケーキを持ってDへ。転職話とかで盛り上がっていたら2時くらいになってしまった。月曜日だっていうのに遊びすぎたわ。

■土曜日の朝(14日午前8時43分頃)に起きた地震(岩手・宮城内陸地震)は、岩手と宮城の県境あたりで震度6強を記録し、亡くなられた方9名、怪我をされた方が数百名いらっしゃる他、土砂崩れで行方不明の方もいらっしゃるらしい。

地震が発生した直後の報道の様子から比べると、かなり被害が大きいような気がする。時間が経つにつれ、色々な様子が明らかになっていく。まだ強い雨が降らないのが不幸中の幸いだが、それ以降は生存率が急激に下がると言われている72時間も経過。お一人でも多くの方が救出されますように。そしてご当地の方々には心より御見舞い申し上げます。少しでも被害が小さく済みますように。

アジア圏でということなのかもしれないけれど、本当に災害の多い年だ。天災は防ぎようがないけれど、その後の対応で随分と違いも出るわけで、個人レベルでもいざというときの準備はしておくべきだよなあ。何もしてない我が家も少しは考えないと。

■伊達公子が遂に復帰後、初優勝。東京有明国際オープンのシングルスで。復帰後、4大会目。最初に出た3大会よりは一つ下のクラスだそうだが、それでも一つの大会で優勝するっていうのはやはりすごいことだと思う。別に賞金を稼ぐのが目的ではないだろうから、またWTAツアークラスを狙っていくのだろうが、一つは優勝がほしいところだったんじゃないかな。

基本的にはすごく彼女の活躍を応援しているのだが、やっぱり若手の人たちは少しやりにくいのかなとも思うようにもなった。技術的というか戦略・精神的に見習うというか学ぶべきところは多いと思うけれど。まあ、でも「乗り越えなきゃいけない壁」みたいに変に意識せずに、普通に対戦相手として戦って勝てばいいだけなんでしょうけどね。

■今日の食事。

朝食:スモモ。ミューズリー。

昼食:<コンビニ>ごろごろ野菜の煮物157kcal。生野菜フレッシュサラダ50kcal。銀しゃりおにぎり189kcal。おやつ:ナッツ。

夕食:<S>つきだし〜じんだ(鯵の稚魚)の唐揚、いんげんの胡麻汚し、ひらめの刺身。そらまめ。ほや酢。キャベツ炒め。出汁巻き卵。海老しんじょ。クリームコロッケ。

夜食:<お隣のお店>ポテサラ。昆布の煮物。

夜食2:<Dにて>渋皮栗のモンブラン。


2008.6.17(TUE) 副都心線にはまだ乗っていない

さすがに寝たのが遅いので7時50分起床。うーん、生活がだらけてるなあ。

夜は2週連続でJBへ。1stは序盤から中盤にかけてチップリになったものの、ルーズに打っていたら、減らしてしまい、TCPもSCPもバブルの憂き目に。しくしく。相方さんも参加した2ndはしょうがないので粘っていたら、今度は後半にチップリに。SCPの為に2位にならなければいけないプレッシャーで動きづらくなっている相方さん&Kりーむさんからガンガン取って、そのままの勢いで優勝。3rdも普段よりも粘りながらやって、1BBくらいしか残らないくらいになったところでQポケで飛び込んだら、BBのKりーむさんのランダムハンド39であっさりストレート引かれ終了。何だか今日はあまりちゃんとしてなかったな。相方さんがビデオカメラをゲットしたので試し撮り。でもなかなか面白いシーンには巡り合わないわね。

■先週の土曜日(14日)、池袋と渋谷を結ぶ副都心線がオープン。週末に会った友人達の何人かは早速乗ってみたようだが、普通の地下鉄だったと言っていた。まあ、そりゃそうね。

でも昨日の月曜は、初めての平日ラッシュだったせいか、いきなりダイヤが乱れまくったらしい。朝も夕方も副都心線及び乗り入れている有楽町線はずっとダイヤ遅れという表示が出ていた。そして今日もまた停電があったとか。どうなっちゃってるのかしらね。予想以上にJRからお客さんが流れてきてキャパオーバーなのかしら。

(追記:後で調べたら土日もダイヤは乱れたんだそうな)

■クラヤミ食堂、一度行ったので、今回はもういいやと思っていたのだが、先日発売された夏の部はなんと発売開始15分で売り切れたのだそうだ。はやっ!

■ちょっとメールのやりとりをしていたら、T島くんがいつのまにか大阪に単身赴任していることを知った。あら、そうなんだー。遊びに行く計画でも立てるかなあ。

■そういえば兄ちゃんに貰ったナンバーズ0614(ストレート)は全く当たりませんでした!当選番号は2620。かすりもせず。

■今日の食事。

朝食:スモモ。ミューズリー。

昼食:<コンビニ>16品目の食物繊維サラダ178kcal。かむかむ八穀米 野沢菜しらすおにぎり186kcal。野菜を食べる味噌汁50kcal。

おやつ:SOYJOYいちご味133kcal。

夕食:<Kushi Gareden>3デリプレート1400円〜野菜の麻婆豆腐、大豆ミートの生姜焼き、ひじきと胡桃と水菜のサラダ。もやしとキャベツのサラダ。糠漬。玄米ご飯。大根とエリンギのスープ。

お惣菜の中から好きなものを3つチョイス。それにサラダとご飯とスープor味噌汁がついてくる。


2008.6.18(WED) 天麩羅の湯気

8時起床。ああ、ホント最近停滞気味。また喝を入れないとダメかも。でも今週末(金〜日)は食べる用事がある、というか、食べる用事しかないので、ダメなのよねえ。

■久しぶりに集英社文庫の本を買ったら装丁が変わっていた。そして中を開くと、何だか妙にページの縁ギリギリまで文章が印刷されているような気がする。字が大きくなったのかな。慣れないせいか、何だか不恰好に見える。

こちらのブログで天麩羅から湯気が立っていることに感心したという記述を見かけた。確かに言われてみれば、目の前で揚げてもらったアツアツの天麩羅であっても、湯気が立っているのはあまり見ないような気がする…かな?そもそも最近天麩羅とか食べないのであまり記憶が鮮明ではないんだけど。具材の水分を残して揚げているから、その水分が温められ蒸発して湯気が出るということで、それは職人さんの技術力が高いということだと書かれていた。なるほどねー。目の付け所が面白いわ。

ちなみにこれは「近藤」のことなのだけれど、確かにあの巨大な薩摩芋とかは割った瞬間に、アラジンのランプから煙が出るようにぼわ〜んと湯気が立ち上ったのをワタシもよく覚えている。

■ロシアでは祝日のお天気を良くするために人工降雨作業なんてしてるんだ〜!ビックリした!休む人の為というよりは、国民の為にここまでしてあげる政府の偉大さ・寛大さとか天候までもコントロールできる国力とかを、国民に見せ付けるためなんだろうなあと思ってしまうのはひねくれすぎだろうか。

人工降雨作業中のロシア空軍機、誤ってセメント降らす

6月18日9時16分配信 ロイター 

[モスクワ 17日 ロイター]ロシア空軍機が先週、モスクワ郊外の住宅に25キロのセメントが入った袋を落としていたことが分かった。空軍機は祝日に雨が降るのを避けるため、雲を作っている作業中だった。地元メディアが17日伝えた。

警察は、地元通信社に「首都周辺で晴天を作るために使われたセメント1袋が高空で完全に粉砕せず、民家の屋根に落下、約80―100センチの穴を開けた」と説明した。

ロシアでは主要な祝日を前に、モスクワ上空に雲を作って湿気を除去するため、空軍がヨウ化銀や液体窒素、セメント粉末を搭載した貨物輸送機を飛ばすことがよくある。

最終更新:6月18日9時16分

今日の食事。

朝食:グレープフルーツ。ミューズリー。

昼食:<コンビニ>かむかむ八穀米 梅茎わかめおにぎり199kcal。16品目の食物繊維サラダ178kcal。野菜を食べる味噌汁50kcal。

おやつ:SOYJOYいちご味。黒胡椒煎餅。

お煎餅は17時頃にM奈ちゃんから差入。結構大量にいただいたのだけれど、まんまだったので食べきらねばならず。お腹が空いていたから嬉しかったけど、こんなに食べちゃっていいのかなー。

夕食:<富士山のしぜん塾>野菜サラダ。季節の浅漬け。青菜の磯和え。グリーンレタスとベジミートの煮物。牛蒡のひじき和え。根菜の揚げまぶし。蒸し野菜。お味噌汁。紅茶寒天。薩摩芋のレーズン煮。

このあたりに出没するのをいいことに通っているワタシ。


2008.6.19(THU) あとみよそわか

今日も寝坊して7時30分起床。本当にダメ。今週はだらけすぎだ。どうやっても身体に芯が通らない感じの一週間になっている。心なしか身体もたるんできたような。まあ、直接的な寝坊の理由は、昨日買った文庫本を2時近くまでかかって最後まで読みきってしまったからなんだけど。

「クッキングママの遺言書」推理小説を途中で止めるのは至難の技よね。そういえば字が大きくなったのも関係しているのか、ページ数も今までのシリーズより多かったような気がする<内容が変わらないなら読む時間には影響しないはずだけど。今回も美味しそうなお食事が色々出てきてかなり惹かれた。

でもそんなワタシはここ最近、まったく自炊する気力がなく…。外食ばかり。反省。とにかくダラダラな一週間。

■仕事中にふと「あとみよそわか」という呪文のような言葉が浮かんできた。えーと、この言葉なんだっけ?どこで見たんだっけ?つい最近見たような…とは思ったが思い出せず。気になって頭から離れなくなってしまったので、インターネット様のお力にすがったところ、幸田文さんのエッセイに出てきたことが判った。そういえば先日読み返したっけ。

元々は文さんのお父様である幸田露伴が文さんに掃除の心得を教える際に「掃除が終わったら、後ろを振り返ってやり残しがないか確認しなさい」と教えた言葉だそう。「後を見よ」に「成就」を意味する「そわか」という梵語をかけて言ったものらしい<「御後見娑婆呵(おんあとみそわか)」とお経風に言う言葉もあったようだし、江戸時代に「後看世蘇和歌」という言葉があったという説もあるので、露伴さんのオリジナルではないのかもしれない。掃除に限らず何をするにしても、仕事をし終えたと思っても再度確認することの重要性を説いた言葉だ。

最近は「そわか」を「(そ)掃除」「(わ)笑い」「(か)感謝」として、人間の行いの中で3つの重要なキーワードだとする教えもあるんだそうな。「笑い」と「感謝」は判るけど、なぜそこに掃除が入るんだ?しかもトイレ掃除がブームになっているらしい???よく判らない話です。

まあ、でも「あとみよそわか」の謎は解けたのでスッキリ。インターネットバンザイ。

吉本ばななさんの日記の6月9日の部分で↓このようなことが書いてあった。嫌なことや苦手なことでもやり続けているうちに出来るようになり成長し、喜びや楽しみを見出せるようになるという話の一部分<ただし、全てのことがそうなるわけではないので見極めは必要とも書いているが。「とことんやってみてはどうか」というアドバイスはもっともだと思うが、その例えの書き方がさすが物を書く人だなあと尊敬してしまった。陳腐な喩えのように見えるけれど、それを逆手に取るというか、そういう俗っぽい言い方を敢えてすることで逆に力強さが生まれるというか。

こういうことを書くと「今、仕事に喜びがないけど、向いてないのでしょうか」と聞かれるけれど、たいていの場合は「たんなるなまけじゃない?一度はとことんやってみたらどうだろう」というアドバイスに落ち着く。とことんというのは、たとえば店だったらメニューと顧客の名前を全部丸暗記する、閉店二十分前にお客さんが来てしまったら、ラストオーダー終わりましたが、これとこれならお出しできますし、何時までは閉店しませんのでごゆっくり、と言えるくらいのレベルだ。厨房がぶうぶう言おうと、ひとりで片付けをして閉店しなくてはいけなくてもだ。そしてデートに遅刻してしまうことになったら、あやまって恋人に自腹で飯をおごるくらいの、気構えだ。

■今日の食事。

朝食:グレープフルーツ。ミューズリー。

昼食:<コンビニ>トマトたっぷりミネストローネ176kcal。海草のサッパリ豆腐サラダ219kcal。

おやつ:SOYJOYいちご味133kcal。ナッツ。

夕食:<元気亭>有機野菜のせいろ蒸しプレート〜蒸したお野菜(南瓜・じゃが芋・アスパラガス・人参・茄子・冬瓜・しめじ・もやし・白菜・キャベツ)、豆乳スープ、きゅうりの味噌漬けと沢庵、大豆と古代米入り玄米。ぎっしり木の実のタルト。


2008.6.20(FRI) 頭痛

昨日は夕食を終えたぐらいに、また偏頭痛が始まり、家に帰って安静にしていたものの、どうにも痛みが納まらず耐え難くなってきたので21時くらいには寝てしまった。

1ヶ月以内に連続して偏頭痛があるなんてワタシにしては珍しい。過労・睡眠不足・ストレスが偏頭痛の原因(もしくは誘因)と言われているけれど、ここ最近のワタシにはどれも当てはまらないと思う。それともマグネシウム不足かしら?でも海草も種実類(胡麻や大豆・アーモンドなど)も意識して摂るようにしてるんだけどな。

そんなわけで目覚ましかけずに寝ていたら7時半頃目が覚めた。頭痛はさすがに治まっていたので会社へ。しかし午後くらいになってくると、偏頭痛ではないが、また頭痛。何かしらね。とりあえず何とか一日をやり過ごし、夜は西日暮里へ。

■ね○兄の壮行会である。主賓のほかに幹事のk○paっち。そして、なっ○っち、chーずちゃん、m○ruちゃん、mえmえさん、makk○oさん、鶴さん、hir○bow、n本さん、Yっしーさん、G○Nさん、Tっきー、Sら田さん、ワタシ。

ね○兄は少なくとも3年は行くそうだけれど、住むには良いところだろうし、満喫してきてくださいませ。

ワタシ的にはYっしーさんと年が一つしか離れていないこととか、9年間もアメリカに住んでいたこととか初めて聞いて、ちょっと驚いたり。

明日が早いので一次会が終わった22時過ぎにワタシだけ失礼する。土日はプチ旅行。週末だけ&国内という意味ではプチ旅行だけど、なんと15名という団体様。どうなるかしらー。

■いやはやジンバブエはひどい状況になっているようだ。3月末にあった大統領選挙の結果をなかなか発表しないムカベ大統領に関するニュースは耳にしたが、決選投票が行われることになっていたのか。しかもその選挙を前にしての弾圧。こういうニュースは偏りがちだし、西欧諸国(特にこの件に関してイギリス)は強い不快感を示しているので、BBCなどのニュースも本当に正しいのかは判らないのだけれど。でも恐ろしい状況になっていることに間違いはないのだろう。ルワンダのフツ族によるツチ族の大虐殺(1994年)もそうだけれど、アフリカでは未だにこのような大規模に残虐な事が起こるんだよね。のんびりした日本に暮らしていると実感の湧かない事ではあるが、何とか平和裏に解決する道はないものだろうか。

それと北朝鮮もそうだけれど、なぜ援助を受けている方が偉そうなのかなあ。確かに食糧援助が止まってしまったことで事態が悪化したのかもしれないけれど、援助を止める原因となったのはあなたでは?と言いたいよね。

残虐独裁で死者 ジンバブエの「弾圧」拷問キャンプ

6月20日4時31分配信 産経新聞 

【ロンドン=木村正人】27日に大統領選の決選投票が行われるアフリカ南部ジンバブエで、ムガベ独裁政権による野党勢力への弾圧が一段とエスカレートしている。国際社会は公正な自由選挙の実施を求めているが、ムガベ大統領(84)は「これは欧米帝国主義に対する闘争だ」と宣言。国際人権団体によると、各地に拷問キャンプが設置され、野党関係者に残虐な暴行が加えられている。 

現地からの報道によると、5期目を狙うムガベ氏は、最大野党、民主変革運動(MDC)のツァンギライ議長(56)を「欧米の操り人形」と攻撃。「祖国を白人支配の時代に逆戻りさせてはならない」と述べ、決選投票に負ければムガベ派の軍や退役軍人たちが武器を取って蜂起するとまで公言している。 

投票日が近づくにつれ野党勢力への弾圧は激しさを増し、ツァンギライ氏は5回も拘束された。ビティMDC事務局長も12日に逮捕され、反逆罪に問われている。また、首都ハラレの市長に選出されたMDC市議宅が15日夜に焼き打ちされ、妻(27)と4歳の長男が連れ去られた。長男は解放されたが、妻は2日後、農場近くで遺体となって見つかった。 

弾圧工作にかかわる治安機関の末端工作員は英民間放送局チャンネル4に実態を証言。それによると、弾圧は4月5日に始まり、各地に拷問キャンプを設置。不法に拘束した野党関係者に対し、鉄の棒で殴ったり焼けたプラスチックを押しつけたりするなどの暴行を加え、ムガベ氏への忠誠を復唱させている。各キャンプから競うように死者数が政権に報告され、1つの州だけで死者は100人以上にのぼっているという。 

国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」(本部・ニューヨーク)のジンバブエ担当カサムバラ女史は「拷問キャンプの数は数百にのぼり、報告では少なくとも2900人が暴行を加えられた。実際はもっと多いだろう」と話した。 

ムガベ氏は今月初め、ローマでの食糧サミットに出席し「英国の経済制裁がわが国の食糧不足を悪化させた」とブラウン英首相を批判。その一方で国内で支援を行う援助団体の活動を停止させ、差し押さえた援助食糧を自らの選挙集会でばらまいたと伝えられる。国連の潘基文事務総長は「活動停止が解除されなければ、50万人の子供が影響を受ける」と警告した。 

年間インフレ率16万5000%、失業率80%という絶望的な危機にひんし、300万人もの“難民”が隣国の南アフリカに流入。これが南アの外国人排斥につながったため、ムガベ氏をかばってきた南アのムベキ大統領も18日、両首脳と会談するなど調停に動き出した。ムガベ氏を支えてきた与党内にも「ムガベ政権継続は国家崩壊を意味する」と与野党の連立政権樹立を模索する動きが出ている。 3月29日に行われた大統領選の第1回投票ではツァンギライ氏の得票率が47・9%、ムガベ氏が43・2%で双方とも過半数に達せず、決選投票となった。 

【ジンバブエ】 アフリカ南部の内陸国。19世紀末、英国の投資家で、イギリス南アフリカ会社を設立して地域を支配したセシル・ローズにちなんでローデシアと命名された。1923年に英国の植民地となったが、65年に白人強硬派が総督を追放、国名をローデシアとして一方的に独立を宣言。80年にジンバブエとして正式に独立。ムガベ氏は白人政権へのゲリラ闘争を指揮した英雄で80年の独立とともに首相、87年の共和制移行で大統領に就任した。面積は日本とほぼ同じ39万平方キロ。人口は約1335万人。大多数が黒人

■今日の食事。

朝食:バナナ。ミューズリー。

昼食:<コンビニ>具だくさん 豆ひじきごはん178kcal。海草のさっぱり豆腐サラダ215kcal。野菜を食べる味噌汁50kcal。

おやつ:SOYJOYいちご味133kcal。ナッツ。

夕食:<西日暮里ホルモン>チャンジャ。子袋の辛子和え。ガツ刺し。焼き物〜脂付きホルモン、極太ハラミ、テッポー(直腸)、シロサンドなどなど〜。ライス。

舎人ライナーの駅の真下くらいにあるこじんまりとした焼肉屋さんだけれど、予約で一杯の大繁盛店。実はワタシ、あんまりホルモン得意じゃないんだけど、ここのホルモンはどれもこれも美味しかった!また行きたい!


2008.6.21(SAT) 讃岐うどん巡り&岡山訪問一日目

■6時半頃家を出て、Y川をピックアップし、羽田空港へ。ワタシだけJAL便だったのだが時間があるのでラウンジで新聞など読んで時間を潰す。うっかりしていたら7時50分。あ、もう出発5分前だ!やばいってことで走ってゲートへ向かう。機内でsan○さん発見。

飛行機は定刻より少し早く9時5分頃に高松空港に到着。到着時間の9時15分にはもうロビーに出ていた。san○さん、makk○oさん、ib○ちゃん、弟くんを発見。あれ、BBさんどうしたんだろう。JALって聞いていたような気がするけど、ANAだったのかな。しかし10分後に到着したANA便からも相方さん、Y川、兄さんは出てきたけれど、BBさんの姿はなし。あれれ?san○さんに電話してもらうと、何故か電話に出て、次の便(11時15分着)で行きますとのこと!あらら!

しょうがないのでとりあえずワタシ達はニッポンレンタカーの事務所へ。今回はなんと10人も乗るということでハイエースを借りている。どんな車かしらと思ったが、意外と広々としていて快適そうだ。借りるのに少し時間がかかり、レンタカーの事務所を出たのが9時45分くらい。そこから琴電の羽床駅へ向かう。○ぎりんさんをピックアップするのだ。今回は関西方面からも合流組があり、でもそれにも乗り切れなかった○ぎりんさんは現地集合ということになっていた。無事に○ぎりんさんと出会い、一軒目のうどん屋さんへレッツゴー!

■関西組との合流地点は谷川米穀店。混んでいると思われるので、先に行っててもらうことにしたら、どうやらかなり早かったらしく、既に一軒別のお店(宮武)にも行ってきたらしい。ワタシ達が10時40分頃に谷川に到着すると、関西部隊は既に列の先頭くらいで待っていた。さすがにこの人数で横入りは出来ないのでワタシ達は最後尾につく。橋の入り口くらい。やっぱり行列してるなあ。雨も降ってきた。しかもかなり激しく。梅雨だからということもあるだろうが、九州では大雨だそうだし、ちょっと先の思いやられる天気ではある。

食べ終えたtag○man・aけみん夫妻&よ○くん・Yみりん夫妻が出てきた。美味しかった〜とのこと。一軒目の宮武は硬すぎてお気に召さなかったみたいだが、谷川は気に入ったみたいだ。時間調整にもなるのでBBさんを空港に拾いに行ってもらうようお願いする。ワタシ達はそのまま行列。結局40分くらい並んだかな。前回は土日2日間とも定休日に変わった直後で、お店の前まで行ったのに食べれなかったのだが、その後、遠くから来るお客さんの熱烈な要望で土曜日はまた営業してくれるようになったので来ることが出来た。

久々に食べた谷川はやっぱり玉子ご飯な感じで美味しかったが、真冬の寒〜い日に食べた時ほどの感動はなかったかも。谷川は冬の方がいいのかなー。ib○ちゃんは気に入ったみたいで、ペース配分を考えて一玉しか食べないと言っていたのに、いきなりおかわりしていた。大丈夫ー?

谷川米穀店:ぬくい小120円+玉子30円。写真撮る前に食べ始めてしまった。

■11時半。さて、二軒目へ。本当であれば、ワタシが熱烈に再訪を求めていた「がもう」へ行く予定だったのだが、もろもろ時間が押しているので、予定を変更して小縣屋へ。

ここでBBさんをピックアップしてくれた関西組とも再度合流し、全員集合である。A○PC以来のnツさんとも再会で、総勢15名である!いやはやすごい人数だ。過去最大。BBさんはナチュラルに飛行機の時間を一時間間違えていたらしい。さすが、身体を張ったネタ作り(笑)。でも無事合流できてよかったー。

ここではお約束の醤油うどん。BBさんとtag○さんが目一杯大根をすってくれたので、たっぷり大根おろしをかけて食べることが出来た。やっぱりスダチがいいんだよねー。○ぎりんさんはこの大根おろしうどん大絶賛だった。

小縣屋:しょうゆうどん小420円。

■快調なペースで三軒目へ。三徳というお店。色物系っぽいお店で「山かけ鉄火しょうゆうどん」というのが有名らしい。なぜ、うどんに山かけ鉄火?それ以外にも「肉ぶっかけ」なんかも美味しいみたい。ワタシは肉ぶっかけにしてみた。かなり甘みが強い牛煮込みがかかっている。すき焼きみたい。Yみりんやaけみんが男性向けな濃い味付けだねえと言っていたけれど同感。ワタシにはちょっと甘すぎるなあ。

三徳:肉ぶっかけ525円。

弟君が食べていた山かけ鉄火しょうゆうどん(630円)を味見させてもらったけれど、こちらの方が好きだ。山かけ鉄火と喉ごしの良いうどんがよく合っていて美味しい。炭水化物と山かけ鉄火が合わないわけもないんだろうけれど、ホント鉄火丼だわ。でもご飯よりもつるつるっと一体感がある感じ。これは家でも出来そう。いいかも!

■さて順調にお腹が一杯になってきたが、相方さんがダッシュすれば高松市内のさか枝に間に合うかも!と言い、急いで向かうことになった。15時までなのだが、何とかぎりぎり14時50分頃到着!ありがたいことにお店もやっていた。ここは以前一度来ようとして営業時間中に間に合わず入れなかったお店。今回も食べている間に暖簾をしまっていたのでかなりギリギリだった。

高松市内のうどん屋さんに揚げ物を卸しているお店ということでトッピングの揚げ物が有名なのだが、時間が遅かったからか種類が少なく、あまり惹かれるものがなかった。なのでお揚げにしちゃった。後から考えれば、やっぱり揚げ物何か取るべきだったなあ。たもで自分でうどんを温めるというセルフ店なのは楽しいのだが、うどんも出汁もお揚げもボチボチといったところで余り印象に残らず。残念。

さか枝:かけうどん小150円+お揚げ80円。

■さて、だいぶ満たされてきたので、ちょっと休憩がてら、栗林公園へ寄ることにした。甘いものも食べたいしなー。あまり時間はないので、ちょろっとしか回らなかったけれど、やっぱり綺麗な庭園である。隅から隅まで手入れが行き届いていて、とても気持ちが良いのだ。前回一緒に来た兄さんと感動を新たにし、Yみりんも気に入ってくれていた。

ついでに途中のお茶屋さんでソフトクリーム(300円)を購入。塩気のあるものばかり食べていたので、ソフトクリームの甘さが幸せ〜。だいぶハッピーな気持ちである。さて外で待っていた人たちと合流し、16時に公園を後にする。

■本日の最終うどんはわら家。釜あげうどんのお店であるが、前回行ったときはあまりにお腹一杯過ぎて味わえなかったのでリベンジである。しかし到着してみると、関西組のメンバーはもう食べれないと言っている。あらら。でもここはたらいでどーんと出てくるのを皆でシェアする形だから一本二本味見する程度でも大丈夫だしと、強引にお店の中へ連れて行く。

前回は8人で家族うどん(12玉)を食べきれず敗北したのだが、今回は特大うどん(4玉−900円)を4つ注文していた。3つなら食べきれる気がするけれど、4つは多いよなあと思ったのだが、食べ始めてみたら関西組も「意外といけるわー」ということで難なくクリアー。やっぱり、わら家の釜上げうどん美味しいわ!前回は長田in香の香で食べたのだけれど、わら家の出汁の方がより好みだということを再認識。

わら家:特大うどんX4 一人あたり200円。

Yみりんが「谷川が美味しくて、それを越えるのが出てこなかったけど、わら家は気に入ったわ」と言っていた。後で相方さんが、関西の人は大阪うどん(柔らかいらしい)がベースにあるので、宮武とかみたいに硬い麺はあまりテーストに合わないのかもねえと言っていた。なるほど、そうすると谷川やわら家がヒットするのはよく判るかも。

人数の関係もあって二台に分かれての行動だったので、tag○man車のメンバーには(相方さんやmakk○さんが)薀蓄をお伝えするチャンスがなかったし、どうしても駆け足気味になってしまったので楽しんでいただけたかどうかやや不安だけど、本日のうどん行脚はこれにて終了。

■さて、今日はこれからもう一仕事。岡山へ移動するのである。せっかく関西方面へ来たことだしということで、BBBへもお訪ねしようと計画していたのであった。17時半頃高松を出発。19時までに岡山に着こうとしていたのだが、夕方のラッシュ時に加えて、雨がまた降り始めたので、かなり時間がかかってしまった。

初めて瀬戸大橋を渡ったので与島で記念撮影なんかもしていたワタシ達の車の方は岡山市内に着いたのは19時半近くになってしまった。瀬戸大橋って20年も前からあったのね!もっと最近出来たものだと思っていたのでビックリした。

■とりあえず岡山駅近くのホテルにチェックインし、BBBへ向かう。バーの2階を毎週土曜日Pスペースとして開放しているという形みたい。ちょっと薄暗くてだいぶオトナなムード。

トナメは30人くらいいたのかな。2時間マルチリバイというハードなスタイル。ワタシのテーブルはそうでもなかったけれど、お隣のテーブルはひたすらオールインを繰り返すオジサマがいたりして、かなり激しい。弟君もそこでやっていたのだが1回すぐに飛んでしまったので1リバイ援助。

そんなワタシは2時間の間、ペアなし、Aハイカードもなしといった状況で特に何もせず。ブラインドの時にたまにポットを取る程度。チップがかなり苦しくなってしまったので1アドオン。そうしたらリバイラウンドが終わってすぐに本日初めてのペアが来た。Aポケ。リスキーかなあとは思いつつも、ポット膨らませたいのでリンプ。フロップ開いてからオールインになったのだが、BBだったY川がフロップスト出来ていて、終了。あちゃ。

2ndもやると言っていたが1時過ぎくらいからになるだろうし、既に23時過ぎていたので同じ頃に飛んでいた相方さん、弟君、BBさんと飲みに行く。飛んだ人が徐々にやってきたが、なんと一番最後まで残っていたのがY川!最終的にはtag○さんともう一人とで残り3人というところまで行ったらしい。やる〜!応援に行こうかなとも一瞬思ったのだが面倒くさくなってしまって行かなかったら「みんな薄情だねえ」と言われていたらしい。あはは。結局2時くらいまで飲んでいた。

夜食:<千年の宴>海鮮コブサラダ、焼き鳥盛り合わせ、豚キムチ、キャベツなど。2000円。

2008.6.22(SUN) 讃岐うどん巡り&岡山訪問二日目

■さて2日目。7時半にホテルをチェックアウトして車に乗り込む。やっぱり雨模様。相方さん以外の傘を持っていない人はコンビニで傘を買ったのだけれど、相方さんはぎりぎりまで買わないと言って買わず。

また瀬戸大橋を渡って四国側へ戻る。ちょっと早く着きすぎてしまうことが判り、途中のPAで本日のib○ちゃん映像を押さえたり。出るときはあんなに大雨だったのに四国に入った辺りから止んできた。相方さんが得意げ。俺はうどんの神様に愛されてるんだと豪語している。なんか悔しいぞ。

■さて本日の一軒目は富永である。前回も来て良かったお店。田舎のおばあちゃん家みたいな雰囲気に寛ぐ面々。またここのお店のおばあちゃんがすごく愛想が良くて感じが良いのだ。池上のルミ子ばあちゃんを凌ぐ勢いよ。

昆布とお漬物などをつまんで待っていると出てきたおうどん。ここのうどんはそんなに強い印象がないんだけれど、出汁が本当に美味しい。

富永:あつあつ180円。

二軒目の日の出に向かうにはちょっと早い。途中のスーパー&サンマルクで時間つぶし。日の出製麺所に到着したのは11時ちょっと過ぎ。お店は11時半からだが、ちょうどお客さんを中に入れ始めたところで、1ターン目に入ることが出来た。

どうしてもここは中(1.5玉)を頼んでしまう。やっぱりここも冬の方がより麺がクリアーというかシャープになる気はするけれど、でも今の時期の麺も美味しい〜。幸せだわ。皆はさぬきの夢2000の麺を頼むと言っているけれど、ワタシは普通の粉の麺の方が好きなのでお代わりはせずに店を出る。Y川や兄さんが3玉、BBさんや相方さんに至っては4玉も食べていた!BBさんは普通の粉で作った麺とさぬきの夢2000の麺との違いがよく判らなかったといってショックを受けていた。おや、なんでだろう。結構違った覚えがあるけどなあ。お土産に出汁醤油を購入。

日の出製麺所:ひや中150円。

次は太郎うどん。

ここも肉ぶっかけである。ワタシはかなりペース配分が上手くいっているので揚げ物も一つ追加してみた。今回の旅行で初揚げ物だわ。太郎うどんの肉ぶっかけはそんなに甘さが強くないし、ピリッと辛みを効かせているので好き。昨日の三徳よりもこちらの方が好みだ。一本を縦半分に割ったちくわ天も衣に青海苔がまぶされていて美味しい。

太郎うどん:あったかい肉ぶっかけうどん小350円+ちくわ天100円。

時間的にはあと一軒回れるが、皆かなり苦しそう。でもワタシは割と余裕あるし、BBさんもまだ行けると言っているので、「やまうちはどう?」と提案してみたところ、makk○oさんがむくむくっと身を乗り出してきた。宮武系でもやまうちが一番お気に入りなんだそうな。じゃあ、行ってみましょう。兄さん、弟君、ib○ちゃんはパス。

実はこのお店、ワタシの中ではあまり印象に残っていないお店だったのだが、今回食べてみたところ、意外といけました。その時々によって味がぶれるのか、それとも夏場の宮武系は(ワタシにとって)ありなのか。宮武系はワタシには硬すぎてピンと来ないんだけれど、夏場の方が少し柔らかくなるからいいのかもしれない。巨大なげそ天も美味しかったし、満足ー。いやあ、堪能。

やまうちうどん:ひやひや200円+げそ天120円。

■山道を通ったら、かなり早く空港に着くことが出来、そばの香南楽湯でお土産などを見、レンタカー屋さんに車を返しつつ、その車で空港まで送ってもらう。ANA組just in timeの14時半に到着。先に帰る4人を見送って、makk○oさん、ib○ちゃん、弟くん、ワタシで喫茶店でお茶する。JALは16時25分発なのでかなり時間が空くのだ。この期に及んでケーキセットなんか頼んじゃうワタシ。

おやつ:<空港にて>ケーキセット〜モンブラン・紅茶〜790円。

色々と感想を話す。makk○oさんはやっぱり「やまうち」が一番だとか。ib○ちゃんは谷川が一番だったらしい。三徳はパスしたけど、それ以外はちゃんとこなせて満足だそう。通常小食の弟君も今回はわら家まできっちり食べていたのだけれど、自分の中で最後まで食べようと目標設定していたらしく、クリアできて良かったとのこと。

■帰りの飛行機は爆睡。定刻ちょっと前の17時30分くらいに羽田に着いたのはいいが、バスでターミナルまで運ばれる。バスに乗せられるの久しぶりだなあ。実はib○ちゃん、18時半から西日暮里のライブへ行くことになっているのだが、かなりギリギリだ。相方さんが車で送ってくれると言うので、一緒に車へ。途中事故発生直後の場所や渋滞などもあったが、何とか18時35分にはライブハウスへ到着。

そこでお別れして、兄さん、Y川、相方さんとワタシは御徒町の東京苑へ。終始ペース配分完璧だったワタシはそれなりに夕飯食べれそうだったし、兄さんや相方さんはタンパク質を欲している感じだったし、Y川はビール飲みたそうだったし。しかし、うどん目的ではないということもあってか、土砂降りである。

夕食:<東京苑>冷やしトマト、豆もやし、ナムル、チャンジャ、
ハラミ4人前、上カルビ1人前、上タン塩1人前、ロース1人前。4000円。

旅行の感想などを色々話しつつ。皆色々な課題(というと大げさだが)を持って今回の旅行に臨んでいたのねとか。兄さんの場合はさぬきの夢2000が本当に美味しいのか、前回はプラシーボだったのではないか、ということを確認したかったようで、やはり好きだということが判ったらしく満足げ。Y川は前回ビール飲んだりとかで最後まで食べ切れなかったのが残念だったらしく、今回はお酒を控え、ペース配分して、上手く食べきったことにこれまた満足のようである。日の出で3玉食べた上に、やまうちも食べてたもんねえ。すごい。

それと好みは本当に皆バラバラだということも改めて認識。比較的日の出が万人受けするお店ではあるものの、谷川派がいたり、宮武派がいたり、ホント面白い。それだけ一つ一つのお店の麺が違うということでもあり。たかが小麦粉と塩と水だけなのにねえ。不思議だわ。

皆さんをそれぞれの場所で下ろして帰宅。お疲れ様でした!

■旅行全般についての感想。

途中でも書いたけれど、関西組の人たちは楽しめたかなあというのがちょっと不安。それとBBさんの探究心を満足させられたのか、美味しさは伝わったのかということも。あと、tag○man夫妻やYしくんたちとあまりゆっくり喋れなかったのが心残りだなー。また今度関西方面へ旅行する計画を立てて、そのときにゆっくり遊ぼう。関西Pツアーなんてのも面白そうだし。

うどんについて言えば。今回ワタシにとっては新規店は三徳とさか枝の2軒だけだったので、あまり新鮮な驚きはなかったかな。総じて、冬のうどんの方が美味しい気はするし。でもその中で、ワタシにとって夏のやまうちはアリかもというのは新しい発見だった。あと、さすがに慣れてきたということもあるのか、お腹はもちろん一杯になるけれど、ちゃんと全てのお店をクリア出来た自分はすごいと思う。ペース配分が判ってきたというか。こんぴらさん観光を入れなかった分、自分的には少し楽だったのかもしれない。次回のうどんツアーは新規店も入れて、じっくり回るような感じがいいかもなー。

幹事の相方さん、企画立案から現地でのガイドまでモロモロお疲れ様。そして同行された皆様もお疲れ様でした!また遊びましょうね〜。


最新の日記

過去日記目次へ

←先週

翌週→