過ぎ去りし過去

2013.9.12(THU) B'zライブ!

■6時起床。前日比-0.4kg、13年1月1日比+1.0kg。13時位までばりばりと仕事して退社。14時半の新幹線に乗って、一路新大阪へ向かう。新大阪駅では九州新幹線を発見。新大阪始発なんだねということと、「さくら」っていう名前なのだということと。

新大阪駅からすぐのホテルにチェックイン。少し休憩してから、地下鉄を使って京セラドームに向かう。今回の旅行のメインの目的はB'zのライブ!なのである。たまたまネイリストさんのところで25周年ベストアルバムのDVDを見ていて、ライブの話になり、何の気なしに抽選に申し込んでみたら当たったのだ。あとで聞けば、B'zのライブは相当チケットゲットするのが難しいらしい。無心の勝利?ただ場所が大阪だったので旅行がてらやってきた次第。たぶんこのあたりに住まない限り、2度と来ることはなさそうな場所であるが、とにかく人だらけ。みんなライブに行くんだね。

ドームの内部に入ると、その広さに圧倒される。ワタシたちの席は3塁側の内野席といった感じだったけれど、ステージは外野側に作られている。そのステージに向かって、アリーナ席もスタンド席も人がびっしり。後で見たら55000人の動員だったようだ。お客さんの年齢層はめちゃめちゃ若い感じはない。中学生とかは少なかったような。高校生くらいから上は50代くらいの方まで。男女比は、どのくらいかな。女性6男性4くらいだろうか。高いなと思いつつ、タオル(2000円!)とTシャツ(2500円)を買う。

19時開始。SEとともに、巨大な銀の板が何枚もステージ上を動き、最後にはその板がX X Vの形を作って、火が燃え上がるという仕掛け。今年はデビュー25周年なのである。かっこいー! 1曲目は新曲だったのか、知らない曲だったが、2曲目はZERO。テンション上がる。スタンド席だからってこともあるのかもしれないけど、スタジアム全体的にそんなに異常なテンションの高さって感じはしなくて、みんな楽しんでるなーっていう温度感。古めの曲が続いて、ワタシみたいな世代にはたまらない。「LADY NAVIGATION」とか「太陽のKomachi Angel」とかなんてことない歌だけど、ライブでやると明るくて楽しいんだよね。

一方でこのライブで一番感動したのは「ALONE」。これは聴く人も一緒にノるというよりは、聴き入るという感じだった。B'zの歌って、あまりメッセージソングっていう雰囲気ではないから、あまり誰かのために歌ってるっていう感じがしないんだけど(とワタシは思ってる)、この「ALONE」は今日ライブに来てる5万人の人たちに向かって歌いかけてるように思えたのだよね。

MCでは、「おおさかー」って呼びかけるのがちょっとおかしかった。一応ワタシも「イェーイ」って言うんだけど、ワタシは大阪じゃないんだよなあって何となく心の中で思ってしまって。キャンプファイヤーから「あいかわらずなボクら」の流れがよかったな。シェーンてというギタリストの人が人気あるらしいとか、意外と大阪が実家の人が多いみたいとか。

そしてアンコールは「Juice」と 「ultra soul」。ちょーノリノリで、めっちゃかっこいいー!19時10分くらいから始まり、21時45分頃に終了。楽しかったー。満喫。大阪の地下鉄はあちこちで入り組んでいるせいか、あっちこっちで同じタオルを持っている人たちとすれ違いつつ、ホテルへ戻る。ああ、楽しかった〜。

■B'z Live-Gym Pleasure2013 - Endless Summer- 大阪初日セトリ。

オープニングSE
01. 新曲
02. ZERO
03. Pleasure 2013 -人生の快楽-
04. LADY NAVIGATION
05. 太陽のKomachi Angel
06. ねがい
07. TIME
08. ALONE
09. C'mon
10. 松本ソロ
11. 核心
12. あいかわらずなボクら
13. 愛のバクダン
14. イチブトゼンブ
15. LOVE PHANTOM
16. Q&A
17. NATIVE DANCE
18. さまよえる蒼い弾丸
19. ギリギリchop
20. RUN
-アンコール-
21. juice
22. ultra soul

イタリックは日替わりメニュー。「恋心」とかの時もあったらしい。聞きたかった!<ワタシの一番好きな歌。

■今日の食事。

朝食:Vegeel。梨。ブーランフェルメのオランジェ。

相方さんがもらってきた栃木のプラミアム13という新品種の梨。糖度13度以上を保証しているという。幸水系の糖度の高いものを選りすぐっているのだろうけど、確かに甘いわね。ちょっと甘すぎるくらいか。

昼食:<鹿鳴春>坦々麺。

夕食:Paulのゴーダチーズパン。


2013.9.13(FRI) おのぼりさん的大阪旅行

■7時半起床。さすがにちょっと疲れていたみたい。新大阪駅でささっと朝ごはんを食べたあと、阪急電車で池田駅へ。日清のカップラーメン博物館に向かう。思っていたよりも立派な建物でびっくり。創業者安藤百福さんの銅像もあった。大阪人的なシャレ感覚とでも言うべきかしら、カップラーメンの上に立ち、手にはチキンラーメンの袋を持っている。

中に入ると、開発の歴史から始まる。自宅の庭の掘っ立て小屋で開発をしたらしい。戦後の闇市で貧しい食事を求めて行列する人たちを見て、安くて、おいしくて、簡単に調理できて、常温で長期保存できて、安全な即席麺の開発を行ったのだそう。奥様がてんぷらをあげるのを見て、麺も揚げればいいと思ったとか。高温で揚げると一瞬にして麺の表面にたくさんの穴が開く。それを乾燥させると、お湯を入れたときにその穴に一気にお湯が入り込んで麺の柔らかさを取り戻すとか。

お次はマイカップラーメンを作れるコーナーへ向かう。

1つ300円。まず空のパッケージを買う。

次にパッケージに絵を描く。中国風なヘタレキャラにしてみた。

カップに麺を入れる。工場は当然手動なわけはないけれど、ただ、これはコンセプトの肝になるところを再現している。カップの中に麺を落とすのではなく、固めた麺にカップをかぶせる形になっているのだ。そうするとブレずにまっすぐ入れることができる。麺の表面も平らかになって粉とかがこぼれにくい。更に麺は下まで入っているわけではなく、中空に浮いた状態になっているそうで、そのことにより、カップの強度の支えにもなっており、かつお湯を入れたときには下にお湯がまわり、蒸すような形になって早く戻るのだそうだ。すごい一石二鳥どころか三鳥、四鳥くらいだわね。

それから、スープと具材を選ぶ。スープはカップヌードル、シーフード、カレーの3つだが、ワタシはオリジナルカップヌードル。具材は好きなもの選んでたら、「それ普通のカップヌードルじゃん」と相方さんに突っ込まれる。あれ、そかな?入れたのは海老、チャーシュウ、ガーリックチップとひよこちゃんナルト。ガーリックチップが違うんだよ!

蓋を熱で貼り付けて、ビニールパックでシールしたら完成。賞味期限は1ヶ月。自分で空気を入れた袋に入れて持ち帰る。ちょっと楽しい。

自動販売機では新製品や地域限定製品を売っている。相方さんは関西版のどん兵衛を買って試食していた。ちょっともらってみると確かにお出汁が関西風。ぜんぜん東京のものとは違うわ。ワタシはお土産用にひよこちゃんのミニチキンラーメンを購入。

世界で売られているカップラーメンのコーナーも面白かった。世界中で年間1014億食も消費されているそうで、インドネシアは140億食とかなり多い。中国・香港は440億食でダントツだけど。日本が54億食。カザフスタンやウズベキスタンで1億食というのは人口のわりには多いような。アメリカ43億食、ブラジル23億食。ホント、世界的な食べ物になってるね。

フィリピンは一回の食事が量が少ないのでミニカップ中心だとか、アメリカやヨーロッパは麺をすすれないので麺は短くしているとか。メキシコでは辛い味が人気あるとか、ブラジルは塩味が人気だけどクリーミータイプもあるとか(クリーミータイプってどんなの?)。いろいろとお国柄にあわせたものを作るのが日本メーカーっぽいね。

というわけで、かなり満喫。9時半の開館直後について11時くらいまでのんびりしていた。

■11時半過ぎに梅田まで戻ってきて、お昼ご飯。お好み焼きとか粉物がいいなあと思っていて、EST近くの「やまもと」へ。12時より早く付いたので並ばずに入れた。相方さんにはそこまでヒットしないのだけれど、ワタシはねぎ焼き好きなのだ。山芋がたっぷり入ってフワフワのねぎ焼き、うまーい。元々葱ってそこまで好きではなかったのだけれど、このお店でねぎ焼きを食べて以来、ちょっと好きになったというお店。

■新阪急ホテルへ行って、ちょっとお茶を飲みながら時間をつぶす。13時15分出発のダックツアーというのに乗るのだ。水陸両用バスによる大阪市内観光。前にちょっとテレビで見たことがあって、楽しみにしていた。窓のない開放的なバス。

42名定員のバスだが、お客さんは30名程度だったろうか。いかにも大阪のオバチャンという感じのガイドさんによる滑らかなトーク。ボケ満載なんだけれど、関西人ではないので上手く突っ込めない。

橋本さんのいる大阪市庁とかそのあたりを通って、大阪城の脇を通る。

そしてとある公園に入っていく。おお?と思っていると、なんとそこから水に入るのだそうだ。運転手さんがバスと船では異なるそうで、入れ替わる。

普通に坂を下り、そのまま川にどっぽん。するとすぐに車のエンジンから船のモーターに切り替わり、船になる。面白いー。

北上し、川からまた大阪城を眺める。

中ノ島まで戻る。中ノ島のオブジェから放水されるところを見学して、またもとの公園に戻っていく。窓が開いているのでゲリラ豪雨のときとかは大変なんだそう。

そこで折り返して、また公園まで戻って、上陸。バスではなく、個人で借りれるタクシーバージョンなんかもあった。このバスが窓ガラスがないのは重量とかの制限があるせいだそう。90分のツアーで14時45分頃にまた新阪急ホテルに戻る。楽しかった!

梅田の空中庭園で休憩。直射日光にいっぱいあたって疲れた。梅田の駅もなんだか綺麗になっちゃって全然見違えちゃったなあ。そういえば新大阪の駅も今までは直接出れなかった口に商業ビルが出来てたりして、ずいぶん変わった感じがする。

かなり疲弊してホテルに戻る。いったん休憩してから、今度は三宮へ。s君たちと食事の予定なのであった。s君に会うのはすっごく久しぶりー。奥方は今年に入ってちょいちょい会ってるんだけどね。ダンナ様もあんまり久しぶり感はない。初めて会った頃は20代半ばだったのかあとかはちょっと思うけど。河岸を変えて22時過ぎまで飲んで解散。ありがとねー。企画は実行されるかな。

■翌日は朝帰宅しただけなので、旅行記はここでおしまい!

■今日の食事。

朝食:<Tally's>アップルパイ。

昼食:<やまもと@梅田>すじねぎ焼き。豚玉お好み焼き。

夕食:<順徳>前菜盛り合わせ。蟹スープ。海鮮と季節野菜炒め。揚げ春巻きと海老のフリッター。ねぎそば。

夜食:ピノ。

ハート型のが入っていたので、おっ!と思って刺しちゃったのだけれど、相方さんにこれは写真に撮っていいレベルのレアさだよと言われたので、いったん楊枝を抜いて撮影。


最新の日記

旅行記